suzy's bar


テニスに関して追求していくブログです。
by suzy35
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:テニス ( 26 ) タグの人気記事

ストリングテスト第四弾!素晴らしい内容です。

名前(ハンドルネーム):仔羊
使用ラケット:
  普段使用ラケット:HEAD IG Speed MP 16*19(新境地ブラック)
  テスト使用ラケット:HEAD IG Extreame MP(新境地ブラックと2100円)
技術レベル:中
筋力レベル:普通
テニス暦:10年
身長:172cm
体重:66kg
得意のショット:フォアのクロスへのフラット

最後にインプレッション
 IG Extreame MPは、事前にネットショップでナイロンマルチのガット張りを購入し、テストしてみました。ナイロンマルチが本来もっているであろう柔らかさやパワーはあまり感じず、あたかもプレストレッチでも行われて、伸びきってしまったのか、ガット本来であろう特性が希薄になった感じでした。回転のかかりもそれほどでもなく、そのため距離感もつかみにいため、総じて扱いにくく、正直、このラケットは小生にはあっていないのではと思っていました。

 その印象を踏まえて施工していただいた2100円ストリングスを使用。ストリングは某社のマルチフィラメントでした。最初にミニテニスで軽く打って感触を確かめた時点で明らかに違う。フェースとストリングが一体となってボールをホールドするのがわかります。回転も予想よりもかかり、ガット自身のパワーもそこそこ感じます。賞味期限切れのストリングで、この感触はちょっとしたショックです。かろうじてストリングとしての性能が残っている部分を最大限に発揮できるよう、施工されているのかなと思いました。

 引き続き新境地ブラックを施工していただいたExtreame MP。こちらを打ってしまうと違いは雲泥の差。ミニテニスも全てのショットの質が数ランクアップしています。自分自身が感じる感触はもちろんのこと、ボールの回転やバウンド後の伸びが明らかに違います。普段はIG Speed MP 16*19に新境地ブラックを使用しておりますが、比較的フレームが薄くて柔らかいラケット向きかとお思いましたが、施工で特徴の異なるラケットにベストマッチしていることに脱帽です。

 別の日に改めていろんなショットを、普段通りの力加減で打ってみました。2100円ストリングスはまだ使えました。ただ、強打したときのキャパがなく、一瞬ホールドしたかと思えた瞬間に伸びきったような限界を感じます。そのため、ストロークの安定性にばらつきが出てきました。強打を繰り返しているうちに打感が少しずつ鈍くなり、残り少ないストリングとしての寿命がさらに少なくなってくるような感じがします。とはいえ、市販のガット張りで完全に寿命を迎えたものよりは良い状態だと思います。

 このような状態では新境地ブラックとの比較は話にもなりません。普段通りでのプレーでの新境地ブラックは、自分の感性とラケットの感触がマッチ。全てのショットで前回以上の差を感じます。プレーを見ていた第3者も「そのラケットあってますね」とのコメント。小生は元々IG Speed MPのような柔らかめのフレームの方が好みのため、プロストリンガー様にお会いするまでは苦手ぎみだったExtreame MPでのプレーで、他人からそのように言われるとは思いませんでした。

 今回のまとめとしては、確かに他のカスタムストリングを施工していただいたものと打ち比べれば違いはすぐにわかりますので、普段店主様に施工していただいている方々にはいろいろ物足りないかと思います。しかし、2100円でこの仕上がりを体験できることは、ちまたのガット張りに数倍のお金を費やしても決してあり得ません。

 従って、これまでプロストリンガー様を知らずに、普段ガット張りを買い続けてこられ、その仕上がりに悩んでいる人には是非試してもらいたいと思います。また、これからテニスを新たに始めようと思っている初心者等には、正しく施工されたストリングスで初めてもらえるきっかけになると思いました。そして正しい周期で張り替えてもらえれば、この「2100円ストリングス」は個人的には非常に有効な存在だと思いました。

追記 IG Speed MP 16*19に施工していただいたマッチポイント。まずはその仕上がり。クロスは市販品の牛腸とはいえ、その牛腸が何らストレスを受けていないかのような透明感とつや。他のガット張りでは決してあり得なかった。打った感想も、確かに自分の実力を勘違いするやもしれないもの。店長様の言葉通り、これで、スイングの仕方を覚えるよう精進します。

-----------------------------------------------------------------------
suzyによる考察

今回の仔羊さんは柔らかめのラケットがお好きとの事だったのですが、なんとストリングの施行の違いだけで固めのフィーリングのラケットでも全然気持ちよく打ててしまうという事が分かりました。

これは良いヒントだと思います。
例えば2100円のストリングであったとしても、プロストリンガーの店主が施行する事によって、それまで気持ち良く使えていなかったラケットが使える様になる!
これは凄い事だと思うと同時に奇跡ですね。

そして仔羊さんが追記している通り、もしも貴方がその上が欲しい!もしくは目指したい!と思ったのならば、更に凄い世界を提供してくれるカスタムストリングがあるのですから!

かくゆう私も一度でいいから、最高峰のマッチポイントを施行して欲しくて頑張っております。
[PR]
by suzy35 | 2011-06-25 13:04 | テニス

同じラケットに張られた、2100円と3500円ストリングの比較

名前 でかちょう
使用ラケット MGラジカルプロ
試打ラケット MGエクストリームプロ with テフロンポリマー
技術レベル 中上級(過去にスクールにて)
筋力レベル 並
テニス暦 約10年
身長 179cm
体重 73kg
得意のショット バックハンドストローク&ボレー

インプレッション
近所の公営コートで壁打ちしました。主にグラウンドストロークです。
ボールはHEADチャンピオンシップ(新品)を使用。振動止めは付けていません。

まず2100円のストリングから試打。反発力がありながら、コントロール性も良く、15分ほど打ち続けていると完全に手に馴染みます。とても気持ち良く打ち続けることができました。たった2100円のストリングなのにこれほど良いとは思わなかったです。今まで他の店で張っていたどのストリングより気持ち良いです。

次に3500円のストリングを試打。一球打っただけで違いが分かります。反発力はありつつも、衝撃が少なくコントロールも容易です。他の店で張ったことがあるナチュラルガットより良いかもしれません。

結果
たった15分ずつ打ち比べただけですが、2100円のストリングの良さには驚きました。これだけ気持ち良く打てて、この価格なら経済的な負担も少なく、楽しくテニスが続けられます。3500円のストリングはさらに上質な感覚が味わえたので、これ以上の価格のストリングだとどれだけ良いのか、考えただけで胸が高まります。でも、普段は2100円で十分満足できます

-----------------------------------------------------------------------
suzyによる考察

今回は2100円のストリングの良さがクローズアップされた内容になりました。
これは一重にストリングの張りの技術の高さを表しているものと思われます。

実際問題として、2100円のストリングで全く問題がないというのであればこれほど素敵な事はないですよね?
経済的にも助かるし、切れても安心して張り替えが出来るからコートでバンバンボールを安心してヒット出来るというのは他では得難い素晴らしい境地ですよね!

そしてこのストリングの奥深さにはまだまだ上があるというのですから驚きです。
是非ともその素晴らしさを沢山の人に知ってもらいたいと思います。
[PR]
by suzy35 | 2011-06-25 12:55 | テニス

ストリングテスト第二弾!ラケットの特性から見える真実。

名前 クレバーサイクリストさん
使用ラケット エクストリーム(ピンクゴールド)
試打ラケット エクストリーム プロ(2100円ストリングス)
技術レベル 初級
筋力レベル 並
テニス歴 4年
身長 176.6cm
体重 84.5kg
得意なショット なし

インプレッション

2100円ストリングス
球離れが早くコントロールしづらい。打った後の感じに全く余韻がない。

ピンクゴールド
テニスボールが一瞬ストリングスにくっつく感じで、コントロールができる。 打った後の感じが良く、打撃音が非常に良い。とにかく、体にやさしいストリングスであります。 比較にはなりません。

-----------------------------------------------------------------------
suzyによる考察

とにかくパワフルなクレバーサイクリストさんですが、今回のインプレでは重大な指摘を感覚的にしてくれてますね。

それはラケットの違いです。

本来のラケットの特性的にはエクストリーム プロ(2100円ストリングス)の方が重量があるためにボールへのインパクトは濃密で強くなる筈です。
パワーの無い方ならともかく、今回はパワーのあるクレバーさんです。
十分にボールを潰せるパワーをお持ちです。
がしかし、今回のインプレでは球離れが早くコントロールしずらい、とお答えです。

それに反して、ラケットとしては軽い筈のエクストリーム(ピンクゴールド)の方がくっつく感じとお答えになっております。

この違いは何処からくるのでしょうか?
そう考えた時に、やはりストリングの違いがそれほどまでに大きいと言わざるを得ないのではないでしょうか?
重量の差を相殺して、なおかつボールをつかまない特性はまさに賞味期限切れのストリングの本質なのだと思います。

これではどんなに筋力と技術があって、なおかつ良いラケットを持っていても台無しですね。
むしろ正当な筋力と技術と、良いラケットを持っている人ほどストリングは慎重に選んだ方がいいと思います。

そうしたほうが結果的にあなたのテニスライフが間違いなく充実したものになるからです。

では、今回のインプレと考察を終わります。
[PR]
by suzy35 | 2011-06-17 21:35 | テニス

テストに使用したラケッとの詳細と我々のサポーター御紹介。

ここで今回のストリングのテストに提供して頂いたラケットとストリングのスペックを紹介しておきます。

ストリングを用意して頂き、また張り上げてもらったのも「プロストリンガー」さんという本格派向けのテニスショップです。

d0234601_2171543.jpg


仕様:HEAD Extreme pro G2,
ピンクゴールドG2(カスタムオーダー品、製造後1ヶ月) 16G
VS
プリンスシンセティックガット16G(国産)* 2100円張りあがり(製造後1年経過)
 
*在庫に持っていないので、業者より手配してもらった消費期限切れ品
 
施工:HM施工
テンション:56ポンド

全く同じスペックのラケッとで、ストリングだけが違うという状況です。
張りの技術に関しては両者とも手抜かり無しでお願いしてあります。

なお、我々のテニスを次世代へと正当に繋げたいという活動については下記のサポーター企業さんが応援してくれています。

次世代へ本物のTENNISをこの日本に根付かせたいという我々の思いに共感、賛同して下さったサポーターさんたちが一丸となって我々の活動を応援してくれています。

テストに際しては、自前が大半ですが一部テスト目的で貸与された物を使用しており、私たちの本物のテニスを次世代へと繋げる活動もサポーター様の尽力があってこそです。

ここで改めて御礼申し上げたいと思います。

但し、我々は個人が集まった非営利の存在ですので、サポーター企業からのサポートはあくまでも次世代へ繋げるための活動に限りますので、自分たちの趣味においては正統なショップ経由で正規の値段で購入している事を明記しておきます。






d0234601_23264059.jpg





d0234601_2326767.jpg





d0234601_2328262.jpg





d0234601_23281068.jpg





d0234601_23274759.jpg





d0234601_23272682.jpg





d0234601_23271249.jpg





[PR]
by suzy35 | 2011-06-15 23:32 | テニス

まずは第一弾!悦男さんからの投稿です!

名前:悦男さん
使用ラケット
普段の使用ラケット:HEADエキストリーム
テストで使用したラケット:HEADSPEEDPro(前モデル)
一方は、ピンクゴールド

技術レベル:NTRP2.0
筋力レベル:普通
テニス暦:3年
身長:172cm
体重:74kg
得意のショット:未完成 目標はいつでもフォアのクロスを打てるようにすること

インプレッション

使い比べることで、プロストリンガーの技術のすごさがわかります。
なぜ、ガットの新鮮さや相性にこだわるのかわかりました。
ピンクゴールドの使用素材(ガット)は相当吟味されていることが打ち比べて分かります。

同じように張ってあるのにこんなに違うとは・・・。びっくりしました。

きちがいクーポンは、安物買いの銭失い(=背広の値段が4分の1なので、ユニクロで買ってみたけど、失敗した)の感じです。

ピンクゴールドは通常着ているセミオーダーの背広の着心地です。

気ちがいクーポンはピンクゴールドに比べ気持ちが悪いくらい柔らかいです。柔らかすぎです(生意気言ってすいません)。ただし、巷のテニスショップではこんなに肘に優しく張ることはできないと思います(わたしの経験です)。

いつも2000円でガットを張ってもらっている人に、この違いを説明するのは、オージービーフや国産牛(ホルスタイン)しか食べたことのない人に松阪牛の触感を説明するのに似ています。多分、きちがいクーポンで初めてプロストリンガーを経験された方は、その打感の柔らかさに感動するかもしれません。もしかすると、本物を握ったことのない方は、それだけで満足かもしれません(笑)。


話は変わりますが、アメリカンビーフは食べさせている餌は穀物なので、草を食べさせているオージービーフよりは安くてもおいしいと思います。やはり素材は重要です。余談です。

-----------------------------------------------------------------------

悦男さん、ありがとうございました。
激安ストリングが柔らかく感じるというのは、ストリングの素材が伸びきってしまっているからと言えるのでしょうか?

本来ストリングがボールを打撃した瞬間にたわんで、それが元に戻る力によってボールを加速させるわけですよね。
それが柔らかいという事は、恐らくパワーロスにも繋がっているのではないかと考察されます。
つまり伸びてしまって、元に戻る力が弱いからスイングのエネルギーを効率よくボールに伝えれない。

これは真実なのですが、それではボールにノビが生まれませんよね。
また当たり前の事ですが、弾力がなくなって衝撃も大きくなる筈だから腕や肘、手首なんかにもよくないですよね。

もっとも、悦男さんの場合は、ストリングの違いというよりも張りの技術に感激してしまったようですね。

悦男さんは東日本大震災で激甚災害を受けた地域に住んでいる方なのですが、かつては地方のショップに行ってましたが納得出来ずにプロストリンガーにたどり着いた方です。

そして今では力強く復興への道を歩んでおられます。

そんな方の貴重なコメントでした。
[PR]
by suzy35 | 2011-06-14 18:38 | テニス

2011年6月14日ブログ開始!

このブログではテニスという難しいスポーツに関して様々な情報を集めたり、体験した事を記載していきます。

まず第一弾は、台東区の橋場にあるプロストリンガーというショップの坂店長の全面協力の元、激安ストリングの真実に迫っていきたいと思っております。

ストリングの真実。
その1
ストリングの賞味期間は一年間である。

これは今まであまり聞いた事がない話だったのですが、ストリングは製造されてから一年で賞味期間が切れてしまうそうです。
まあ確かに製品の性質を考えると分かりますよね。
ナイロンであろうと、ポリエステルであろうと、本来の柔軟性なんかをずっと保ち続けられる訳はないのです。

よくネットショップなんかで激安で売っているロールとかのストリングはまず妖しいみたいです。
購入を狙ってる方がいるのならば、まず製造年月日を教えて貰った方が良いですよ。
まあ大体の所は教えてくれないと思いますが。

さて、次回の課題として、実際にそうした賞味期限の切れたストリングと、生まれたてのストリングとの違いを、実際にコートで打ってもらう事でいろいろな方達のコメントを通して比較検討していきたいと思います。
[PR]
by suzy35 | 2011-06-14 18:22 | テニス

カテゴリ

全体
テニス
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スポーツ
部活・サークル

画像一覧