suzy's bar


テニスに関して追求していくブログです。
by suzy35
プロフィールを見る
画像一覧

MANTISマンティス265にしました。その1

今回は、前回まで三種類の試打をしたMANTIS(マンティス)社のラケットについてその後の事を語ります。

私はどちらかと言えば古くさい考え方が好きで、何にしても拘る傾向があり、ラケットについても様々な種類のラケットを試して来ましたが、結局のところ若い頃の自分の全盛期の記録と、そして多感な青春期に観たサンプラスの存在が何時迄も心の奥底から消える事がなく、最終的には『ハイパープロスタッフ6.0-85』に還って来てしまっていました。

これは過去の青年時代への青臭い郷愁であり、かつ過去への憧憬でもあるのです。
しかし、真なるTENNISをするために動いている最近だから分かったのでしょうが、MANTISラケットの試打を通して最新の美しいテニスをするために合理的なラケットチェンジの必要を強く感じました。


そして今回、私も

『MANTIS265』

フェイスサイズ100sq.in
長さ 27インチ
重量 265g
バランス 335mm
フレーム厚 22.5-25-23mm
ストリングパターン16×19
RA値 69

を購入致しました。


今回MANTISの三機種、特に265を真剣に打ってみて理解した事があります。
それは軽いラケットを使う事によって、テレビ画面の向こう側、テニスのプロの選手の世界がかいま見れるという単純で、そして奥深い真実にたどり着いたのです。

これは元々私の考えではありません。

三本全ての試打ラケットを貸し出してもらった「プロストリンガー」の店主からのアドバイスが元になっております。
そしてその言葉は本当でした。


さらに言うのならば、ストリングの施行の違いが決定打でしょうか。

現在女性パートナーのMANTIS265にはプロストリンガー店主の開発した「イエロー」というMANTIS専用のストリングが張ってあります。
これは柔軟でしなやか食いつき感が良くて、さらにコントロール性能も抜群というストリングです。

そして私の『MANTIS265』ですが、ストリングはこれまたプロストリンガー店主の開発した新開発の「ホワイト」という特殊なストリングで、詳しい事は分かりませんが、とにかくシャープでソリッドな感触が心地よく、本当に気持ちよくボールをハードヒット出来ます。
絶妙の手応え感が最高です。

265グラムとかなり軽いのに、球への打ち負け感は殆ど感じません。
それどころかむしろ軽い事へのメリットを最大限に生かして、スイングスピードをあげることが出来ました。


次回に続きます。
[PR]
by suzy35 | 2011-10-13 19:00 | テニス

カテゴリ

全体
テニス
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スポーツ
部活・サークル

画像一覧