suzy's bar


テニスに関して追求していくブログです。
by suzy35
プロフィールを見る
画像一覧

『MANTIS(マンティス)300』の試打インプレ!

本日も前回のブログと同じく、MANTIS(マンティス)社のラケット『MANTIS(マンティス)300』のデモラケットを打つ事が出来たので、その感想を載せておきたいと思います。

今回インプレするのはMANTISの中でも完全に競技者向けのスペックである事を最近理解したラケットである『MANTIS(マンティス)300』になります。


以下がスペックになります。

『MANTIS300』

フェイスサイズ100sq.in
長さ 27インチ
重量 300g
バランス 320mm
フレーム厚 22.5-25-23mm
ストリングパターン16×19
RA値 70


スペック的にはいわゆる「黄金スペック」ってやつですが、バボラとか他のメーカーと比べると少しトップライト気味に感じました。
他のメーカーとの違いをあえて挙げるならば、素材がハイモデュラスカーボン100%という所でしょうか?

最近は様々な新素材を採用したり、バボラのウーファーに代表されるギミック的な工夫をして他社との違いを出そうとするメーカーが多いなか、MANTISは超シンプルです。
目に見える限りではギミックもないし、素材もシンプルです。
恐らくそのせいだと思うのですが、施行によって使い勝手が恐ろしい程に変化してしまうようです。
これは最近になって少しづつマンティスのインプレが出て来た中で感じる事です。
フレームの成り立ちがシンプルな分、より張り手の技術が問われるラケットなのだな、と実感しております。

ちなみに前回の二本はハードコートでの試打で、今回はオムニコートでの試打である事を予め記載しておきます。
そのため全体的に球足が遅く、またバウンドも低かったため、前回の試打よりもボールは叩き易かった環境でした。

まずざっくりした感想からいうと、かなりガツガツ打てるラケットに仕上がっています。
なんというか、このマンティスって軽い方でも十分に中身の詰まった感じがするのですが、この『MANTIS(マンティス)300』はさらに中身がぎっしりと詰まったしっかりした打球感が持ち味です。
そのおかげかかなり強いボールをいとも簡単に打ち出せてしまいます。
強打した時にはシャフトが絶妙のしなり感を魅せて、ともすれば気持ちよく打ってしまうタイプのラケットに仕上がっていました。

打球感は前回試打した二本ととても似ていて、さらに手のひらに伝わる打球感が心地よく、ボールが何処に当たったかはっきりと分かるクリアな打球感でした。

ある意味で、このラケットはまさにバボラのピュアドライブとアエロプロドライブと殆ど同じスペックになりますが、やはり打球感の良さはマンティスが上でした。
バボラはウーファーのせいなのか、それとも製法のせいなのか分かりませんが、フレームに何処か空洞感があり、そして基本的に打球感は曖昧で、ボールの返球率は高いかもしれませんが何処に当たったのかイマイチ分かりにくいラケットという特性と比べると明らかな違いがあると思いました。
前回も記載しましたが、これは好みの問題もあるので、どちらがいいとは言い切れませんが、私的にはマンティスを選びたいと思います。

理由は二つあります。
一つ目は打球感が気持ちよい事。
二つ目は実勢価格が二万円を切るというマンティスの抜群のコストパフォーマンスの良さです。

ほぼ似ているなら当然安い方がいいですよね?

ちなみに私がよくヒッティングする女性のパートナーは今まで長い事バボラのぼあぼあした打球感が好きという理由でアエロプロドライブユーザーだったのですが、前回の試打でいたく感激して現在正式に『MANTIS(マンティス)265』を購入してラケットをチェンジしました。
変えた理由を聞いたら、「このラケットはヤバい!」と言われました。
今では恐ろしいほどの勢いで、活き活きしたボールを打ってきます。
新たに聞いたメリットとして「ラケットの重さを殆ど感じないからコートカバーリングが良くなった」と言っていました。
「前後左右に振られた時も全力で走りやすい」とも言っていました。
正直女性ながらなかなか深い言葉だと思いました。

実は私もラケットをチェンジしたのですが、その感想は次回に詳しく書きたいと思います。

唯一感じた欠点としては、『MANTIS(マンティス)285』とあまり違いを感じなかった、という事でしょうか?
それまで使っていたラケットが『ハイパープロスタッフ6.0-85』で、基本的に総重量が350グラムを超えるラケットだったのでこの二本については殆ど差異を感じなかったというのが本音です。

ちょっとフライングして記載すると、『MANTIS(マンティス)265』までいくと明確に違いが分かります。
そしてその軽さなのに、『MANTIS(マンティス)300』と比べても劣らない打球が打ててしまった事を今は報告しておきます。


さて、では実際にコートで打撃したインプレです。

まずはストローク。

クリアな打球感ながら、ボールの重さをあまり感じる事なくガツガツとボールを叩けます。
フラット系からスピン系まで自由自在にボールを打って行けます。
シャフトが絶妙にしなってくれるので気持ちの良いホールド感があり、あまりミスする感覚を感じずに感性の赴くままにボールを打てます。
オムニコートだったので余計ストロークは容易だったのですが、これは本当に安定感があり、安心してラリーを続ける事が出来ました。

特筆すべき特徴としては、打球音がクリアで耳にも気持ちの良い音を聞かせてくれる事でしょう。
ラリーが続いている間は音楽を奏でながらダンスをしているような感覚におちいります。
それほどにしまった音で、良い響きを持っています。
車で言えばフェラーリのエンジンサウンドみたいなもんです。
音だけでその気にさせてくれるというか……

私の感想ですが、音に関しては『MANTIS(マンティス)300』が一番じゃないですかね?

勿論、他の機種も音は良いのですが、音だけに特化するならばz『MANTIS(マンティス)300』がオススメです。

それから以前軽い機種の欠点として挙げていた手首を使いすぎるって事ですが、この機種ではほんの少しかげを潜めてきました。
でも、それでも遠くに振られたボールでも追いつけばボールが帰ってくれる性能はそのままなので、パワーアシストも案外期待出来ます。

まあ優等生的なラケットと感じました。



次にボレーとオーバーヘッドです。

これは少し重さがあるので、操作性は少し劣りますがその分面の安定感がアップしているので、安心して速い球を狙った場所に打つ事が出来ました。
速いボールでも負けにくいって特性はさらに強化されていて、これなら競技者指向の方でも不満は出ないでしょう。
相当に強い球でもがっちりと受け止めて自在に還せます。

オーバーヘッドも安定感が持ち味でしょう!
落ち着いて処理すれば問題なく、普通に決定力のあるボールを打てます。

このボレーとオーバーヘッドについても軽い機種同様にほぼ欠点の見つかりませんでしたが、明らかにもっと速い球を打ってくる相手を想定している感じで、自分にはオーバースペックだなと少し感じてしまいました。
それほどに良く出来ています。



次にサーブです。

う〜ん、なんていうかとてもがっちりと打てます。
自分のスイングパワーを余すところなくボールに伝えられるというか、パワーの逃げないラケットです。
他の機種と比べると少々重く感じますが、逆にこの重さが競技者にはたまらない性能だと感覚的に理解出来ました。

勿論どの球種も自由自在です。
自分の腕力さえ完璧ならば、ってとこです。

サーブで特に理解しましたが、強く打てば打つ程応えてくれるMANTISラケットの中でもかなりのハードコアなラケットでした。



総評

これははっきり言ってメーカーの宣伝通りの完璧な競技者向けのラケットと最終的には感じました。
理由もちゃんとあります。

いわゆる「黄金スペック」といわれるゾーンのラケットでありつつ多分使えば例え女性でも普通にも使えてしまう一方で、ウィルソンのプロスタッフシリーズやヘッドのプレステージシリーズ等に匹敵する超ハードコアな一面も持っているのです!

というか、そうした本格派とも全く容易に戦えてしまう最高の武器になり得ているのです。
これはある意味で脅威の性能だと思います。

私の個人的な感想ですが、本当に競技指向の方で更なる上のレベルに挑戦したいと真剣に考えている方には自信を持って『MANTIS(マンティス)300』を勧める事でしょう。
何故ならその高度な領域、その深い水域で存分に戦える性能を持っているからです。
プロレベルの公式な試合で勝ちたいと願っている方は是非『MANTIS(マンティス)300』に注目して下さい!
そして存分に試合で打ち合ってみて下さい。
きっと驚嘆する事でしょう。
何故なら全く問題無く打ち合う事が出来、かつ勝率が高まるラケットだからです。

一度これを使ったら他の重量のあるラケットを無理して使うのがばからしくなるほどに優れたラケットです。


そういう訳で、通常の基準から言ったら十分に軽いラケットなのですが、軽いラケットにメリットが沢山見いだせるマンティスの中ではアマチュアにはちょっと重いかな?と思いました。

始めは男性には『MANTIS(マンティス)300』か『MANTIS(マンティス)285』じゃなきゃ軽すぎるだろう、と普通に思っていましたが、試打を通じてその考えは見事に打ち砕かれました。
恐らく平均的な成人男性ならば『MANTIS(マンティス)265』が最も最適な重量なのでは?と真剣に悩む程考えてしまいました。

最初っから『MANTIS(マンティス)300』だけしか知らなくて、これだけを使っていたら何の疑問も持たずに『MANTIS(マンティス)300』に満足していたでしょう。
そして『ハイパープロスタッフ6.0-85』から疑う事もなく移行していたかもしれません。
がしかし、今の筋力の落ちた自分にとって『MANTIS(マンティス)265』を真剣に試打してしまったら、その魅力に完全に魅了されてしまったのです。


結論としては、純粋な競技者が使うならば自信を持って『MANTIS(マンティス)300』を進める事が出来ますし、勝ちにいける本当に良く出来たラケットだと思います。
でも、草トーのオープンレベルでの試合しか想定していないならば、そんなに重いラケットを使う必要は無いと断言出来ます。
間違いなく『MANTIS(マンティス)265』で打ち勝てると確信しております。

それほどMANTISのラケットは実践的、実戦的なラケットなのですね。

そしてこの続きは次回のブログに記載したいと思っておりますので、次回も宜しくお願い致します。
[PR]
by suzy35 | 2011-10-03 02:40 | テニス

カテゴリ

全体
テニス
未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

スポーツ
部活・サークル

画像一覧